スマートフォン版へ

群馬県

毎日元気に教室に通ってきてくれる生徒さんからたくさんパワーをもらっています。

新藤 恵子 先生
川原町教室
50代

群馬県で活躍中の先生

Q1たくさんある英語教室の中でECCジュニアを選び、長く続けている理由は?

大学を卒業し英語から遠ざかっていましたが、子どもが幼稚園に入園し自分の時間が持てるようになったので、カルチャースクールで英語の勉強を再開しました。そんな時友人がECCを開講してレッスン内容や教材の良さを教えてくれました。また、私自身の子どもにこの教材で英語を教えたいと思い開講しました。ECCでは常に時代に合った教材改訂が行われ、その都度レベルアップしていき、生徒さんと一緒に私自身も楽しみながら成長することができるので、教室を続けることが出来ていると思います。

Q2「ホームティーチャーになって良かった!」と実感するのはどんな時?

たくさんありますが、やはり生徒の成長を目の当たりにする時です。
年少さんで入学したその生徒さんはひとりクラスだったので、時には泣いてレッスンにならず外を散歩したこともあります。ひと言も話すことなくレッスンを終えることもありました。やがて小学生・中学生になり英語が得意科目になり、大学では英語を専攻するするまでになりました。また、恥ずかしがりであまり発話しなかった生徒さんが、小学校の英語活動で評価され自信が持てるようになり「今日は何するの?」と笑顔で教室に入ってくるようになりました。卒業生からは「〇〇大学に合格しました」など嬉しい報告もあります。毎日元気に教室に通ってきてくれる生徒さんからたくさんパワーをもらっています。

Q3教室を開設する前不安に感じていたことは?

最初は県営住宅での開講だったので、看板も上げられず生徒募集は不安でしたが、2年後に自宅を建て少しずつ口コミで生徒が増え、兄弟で通ってくれるようになっていきました。センタースタッフの方々にも学校前でのチラシの手配りを一緒にするなどサポートしていただきました。

Q4ホームティーチャーになってからの変化は?

群馬県で活躍中の先生

指導していく中で自分自身の英語力の向上も必要なので勉強を続けています。ただ、自分自身の英語力と生徒に教えることは別物でした。色々な生徒に「分かった!」「英語は楽しい!」と思ってもらう指導法にはなかなかたどり着けませんでした。外部のワークショップに参加したり、同期の先生やSNSでつながった先生方と勉強会を重ね、いかに楽しく、かつ英語を覚えてもらうかを工夫したレッスンアイディアを一緒に考え、シェアしていただき、今までやってこられました。多くのバイタリティー溢れるホームティーチャーとの出会いは私の大きな財産です。色々な出会いを経験することで自分のホームティーチャー人生がすごく変わってきていることを実感しています。これからも一つひとつの出会いを大切にしたいと思っています。

ホームティ―チャー説明会予約・資料請求はこちらから

説明会予約
お問い合わせ・資料請求
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-415-144
高崎センター

高崎市あら町206
高崎新町センタービル6F
TEL:027-327-0181


以下地域では、ホームティーチャーの先生を大募集しています。

群馬県桐生市本町、群馬県桐生市境野町

その他の地域からのご応募も、心よりお待ちしています。

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 説明会予約
ホームティーチャーの声 ホームティーチャースタイル 診断テスト ホームティーチャー サポート倶楽部 学力養成教室の先生募集中! よくあるご質問