スマートフォン版へ

沖縄県

通ってきてくれる生徒さん一人ひとりの成長を見守ることが最大の喜び、糧となり26年目を迎えております。

佐久川 幸江 先生
港川教室
50代

沖縄県で活躍中の先生

Q1たくさんある英語教室の中でECCジュニアを選び、長く続けている理由は?

アメリカでの4年間の生活の経験を活かして独身時代は商社で英語を話す部署で働いておりました。退職し結婚、出産を経て「自分の子どもに英語を教えたい!」と思ったのがきっかけでした。説明会は埼玉の大宮センターで受け、その後沖縄へ引っ越しが決まり、沖縄にて契約、研修をすることとなりました。その際もセンター同士の引き継ぎがきちんとなされていて、すごく安心したのを憶えています。ECCジュニアの長期一貫学習システム、研究開発に時間をかけて作られた素晴らしい教材(教材改訂を見据えて現場講師の意見に耳を傾けてくれる姿勢)、教育・運営に関する研修が充実していること、ホームティーチャー仲間との繋がり、そして何よりも通ってきてくれる生徒さん一人ひとりの成長を見守ることが最大の喜び、糧となり26年目を迎えております。

Q2「ホームティーチャーになって良かった!」と実感するのはどんな時?

うちの教室の誇れる所は、幼児・低学年で入った生徒さんは殆ど中3まで継続してくれるところです。長年のお付き合いを通してECCジュニア教室卒業後も各々の進学、就職状況を教えてくれたり、成人式にはわざわざECCジュニア同窓会!と称して会場で撮った写真をSNSなどで送ってきてくれたり、結婚し子どもができたから「我が子も年齢に達したらECCジュニアに通わせたい!」との声を頂くのが講師冥利につきます。

Q3教室を開設する前不安に感じていたことは?

教えることです。ECCジュニアの教育研修を受けてすぐに開講、レッスンスタートしたものの、2〜3年は手順もおぼつかず、常にこれでいいのか?生徒は満足しているのか?成績は上がっているのか?不安でいっぱいでした。そんな中、当時まだ沖縄センターも無い状態で、先輩先生方が中心となって「ホームティーチャーズ勉強会」というのが発足し、レッスンデモをしたり、見たりと切磋琢磨し合いました。おかげで少しずつ自信も持てるようになりアクティビティのアイディアもシェアしたり出来るようになりました。

Q4ホームティーチャーになってからの変化は?

沖縄県で活躍中の先生

自分の英語力はまだまだブラッシュアップが必要なところですが…生徒指導、保護者ケアにおいては個々に置かれている状況、学習面や経済面でも異なります。ECCジュニアの掲げる理想はありますが、生徒の状況を理解した上でその時々に応じたアドバイスが年齢を重ねると共に具体的に出来るようになりました。「こうでなければならない!」という概念を少しゆるくしてストレスを抱え込まないように忍耐強くなりました。私の内面的成長は生徒さんや保護者さまあってのものだと思います。

ホームティ―チャー説明会予約・資料請求はこちらから

説明会予約
お問い合わせ・資料請求
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-415-144
沖縄センター

那覇市松山1-1-19
JPR那覇ビル9F
TEL:098-951-3110


以下地域では、ホームティーチャーの先生を大募集しています。

宮古島市(平良周辺)、南風原町(兼城〜宮平エリア及び津嘉山)、那覇市(新都心エリア)、豊見城市(全域:特に上田・宜保)、西原町(全域)

その他の地域からのご応募も、心よりお待ちしています。

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 説明会予約
ホームティーチャーの声 ホームティーチャースタイル 診断テスト ホームティーチャー サポート倶楽部 学力養成教室の先生募集中! よくあるご質問