スマートフォン版へ

北海道

出会った子どもたちが自らの可能性を広げていることをお手伝いできていると実感でき、やりがいを感じます。

久保田 真希子 先生
えりも教室
40代

北海道で活躍中の先生

Q1たくさんある英語教室の中でECCジュニアを選び、長く続けている理由は?

きっかけは、ホームティーチャー募集のテレビCMを見て興味を持っていたところ、ちょうど近くの町で説明会があると知り、軽い気持ちで参加申し込みをしました。知名度のある大手の塾などが一軒もない田舎町に住んでいて、ECCジュニア教室が成立するのか、3人を子育て中の私でもできる仕事なのか、我が子にも提供できるようなものなのか、とにかく説明会に参加して可能性を探ろう、と思いました。当日、会場に行ってみてびっくり。参加者は私1人だったんです。札幌センターのセンタ一長が親身になって私の疑問に答えてくれました。そして、実際の教材を見て、これはいい!と思い、その日のうちに開講への気持ちが固まったと記憶しています。それからの10年はあっという間でしたが、いまでも良い決断をしたと思っています。

Q2「ホームティーチャーになって良かった!」と実感するのはどんな時?

初めの頃は、それまで主婦であり、〇〇ちゃんのママだった私が、先生と呼ばれるようになったことで、社会とのつながりを感じられるようになったことが嬉しかったです。また、生徒たちが学校で良い成績を取ったことや、教室外で検定や志望校に合格したことなど、報告を受けることも多く、出会った子どもたちが自らの可能性を広げていることをお手伝いできていると実感でき、やりがいを感じます。

Q3教室を開設する前不安に感じていたことは?

生徒募集に関してが一番未知数でした。人口も少なく、塾などもほとんどないような土地柄で英語教室に興味を持ってもらえるかということ、また塾に免疫のない人々に費用の面は納得してもらえるのか疑問でした。
開講を決めて、看板を掲げ、無料体験レッスンの受け付けを始めると問い合わせが次々やってきました。教材やレッスン内容には自信がありましたし、英語教育の必要性も自身の留学経験から訴えることができたので、体験レッスンやカウンタートークをこなしていくうちに生徒募集に関する不安はほぼなくなりました。逆に身近にできた新しい教育機関ということで、期待感を持っている保護者が多いことに驚き、より良いレッスンを提供したい、と意欲がわきました。結局、開講までに問い合わせは50件ほど、うち45名に体験レッスンを行いました。慌ただしかったですが、こちらもレッスンの経験をつむことができ、開講へ自信をつけることができました。

Q4ホームティーチャーになってからの変化は?

北海道で活躍中の先生

英語力に関しては自信がありましたが、いざオールイングリッシュでレッスンしていくとなると、自分を英語脳に切り替える必要があります。恥ずかしさや照れから脱却しなければなりません。
また、常に生徒たちを楽しませ、飽きさせずに指導するには英語力だけではなく、人間的な魅力が必要です。ホームティーチャーという立場はとても奥が深く、学校の教師ほど公人ではないものの、教える立場にある以上、公平で親切である必要がありますし、“ホーム”での学びなので、家庭のような親近感や安心感も求められているように思います。保護者とは理解しあい、協力しあいながら信頼を築くことも重要です。このようなホームティーチャーとして経験をつむことで、自分らしさを再考することができたのでは、と思っています。

ホームティ―チャー説明会予約・資料請求はこちらから

説明会予約
お問い合わせ・資料請求
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-415-144
札幌センター

札幌市中央区北5条西5-2-12
住友生命札幌ビル6F
TEL:011-271-5819


以下地域では、ホームティーチャーの先生を大募集しています。

北広島市、恵庭市、帯広市、名寄市、紋別市、その他全道各地。

その他の地域からのご応募も、心よりお待ちしています。

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 説明会予約
ホームティーチャーの声 ホームティーチャースタイル 診断テスト ホームティーチャー サポート倶楽部 学力養成教室の先生募集中! よくあるご質問