スマートフォン版へ
HOME >  ホームティーチャー・センターからのメッセージ >  長崎県で新しく開設された先生

長崎県

自分の教室を持ちたいという気持ちが少しでもあるのであれば、まずは説明会に参加されてみてください。

松下 彰子 先生
野田郷教室
40代

長崎県で新しく開設された先生

Q1ECCジュニア教室に興味を持ったきっかけと、教室開設を決心した決め手は?

もともと、将来は自分で教室を開きたいという夢がありましたが、出産、子育てに追われ、しばらくは子育てを優先したいという気持ちが大きく、まずは、子育てに影響がない程度に、ECCジュニア教室の副講師と幼児教育推進課のECC講師として6年ほど働いていました。その中で、教材の素晴らしさと、また、自分の生徒をもち、育てたい!自分の力を試したい!挑戦したい!という気持ちから、再び教室を開きたい思いが強くなりました。そのタイミングで、ちょうど子どもが小学校にあがる頃に、ホームティーチャーの説明会に行きました。子どもと家庭に影響がなく、うまく仕事ができるか心配でしたが、スタッフの方にいろいろ相談にのって頂き、そこでアドバイスや情報を提供して頂きました。話を聞いているうちに、ECCというバックの大きさに安心し、今の自分の状況で無理なくできるかもという気持ちになりました。家族とよく話合い、最終的には主人が背中を押してくれ、前向きな気持ちで開設を決心しました。

Q2ホームティーチャー説明会に参加された時の印象は?

色々な不安をかかえた状況で開設できるかなどの心配事を、スタッフの方が親身に話を聞いてくださいました。私の質問に対して、現在のホームティーチャーの方のお話をもとに説明してくださってイメージがしやすく、自分の思いを話しやすい雰囲気で一つ一つ、自分の心配事がクリアになっていく感じでした。
説明会後も、教室の物件の件でご連絡をくださったり、物件見学の際も「お子さんとご一緒にお越しいただけますよ。」とお声掛けいただき、研修の日程も、子どもや家庭の用事を聞いていただけ、日程変更も快く受け入れてもらえ、ありがたかったです。

Q3教室を始めてから、生活の変化はあったか?

現在は、ホームティーチャーとしては週2回、ECC幼児教育推進課の講師として週1〜2回、保育園でも週3回と、3つのジャンルで働いています。周りのママ友からは、「凄いね」と応援してもらえたり、家族からは、大丈夫なのか心配されましたが、私の突き進む姿を応援してくれてます。以前よりも家の手伝いを主人と息子がしてくれるようになりました。
しかし、私が一番心配していたのは子どものことでした。一度、子どもに「ママが仕事していて寂しくない?」って聞いたことがあります。そしたら、「仕事しているママはかっこいい!仕事しているママの方がいい」とまで言ってくれほっとしました。子どもも、私が先生ということで英語にも興味を持つようになり、一緒に家で英語に触れる機会も増え良いスキンシップになっております。

Q4これからジュニア教室の開設を考えていらっしゃる方へメッセージを!

長崎県で新しく開設された先生

教室開設は、自分の教室、自分の生徒という意味で、責任感が増しますが、その分、レッスンへの情熱が入るので教える楽しさを自然に感じることができますし無料体験で入学を決めていただいた時には、自信にも繋がります。また、ライフスタイルに合わせてレッスン時間や曜日を自分で決められるのも魅力の一つかと思います。あとは自分の努力次第で道はいくらでも開けていくと思っています。
ECCジュニアのセンタースタッフは不可能だと思う悩み事を可能に変えてくれるよう強力にサポートしてくださります。教室開設のきっかけは人それぞれかと思いますが、自分の教室を持ちたいという気持ちが少しでもあるのであれば、まずは説明会に参加されてみてください。

ホームティ―チャー説明会予約・資料請求はこちらから

説明会予約
お問い合わせ・資料請求
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-415-144
長崎センター

長崎市大黒町9-22
大久保大黒町ビル本館9F
TEL:095-823-1448


以下地域では、ホームティーチャーの先生を大募集しています。

長崎市浦上地区周辺、山里小学校区、みなと坂、福田本町、西彼杵郡時津町 時津東小学校区、佐世保市広田周辺、佐世保市大野小学校区、松浦市、壱岐、対馬市比田勝小中学校区

その他の地域からのご応募も、心よりお待ちしています。

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 説明会予約
ホームティーチャーのメッセージ ホームティーチャースタイル 診断テスト ホームティーチャー サポート倶楽部 学力養成教室の先生募集中! よくあるご質問