スマートフォン版へ

青森県

教えるという事の私の新たな学びの場となっています。

石井 由起 先生
新町教室
60代

青森県で活躍中の先生

Q1たくさんある英語教室の中でECCジュニアを選び、長く続けている理由は?

ECCの教材に惹かれたのが一番の理由です。私自身、生徒になってレッスンを受けたいと思いました。それまで、私が長年携わってきた英語学習は受験のための英語でした。昨年、私は還暦を迎えましたが私が学生時代には英会話を学ぶ教室など青森には一つもありませんでした。幸い、クリスチャンだった私は教会にアメリカ人宣教師がいたため、学校とはまるで違った生きた英語を学ぶ事ができました。コミュニケーションのための英語を子どもたちに教えたいと、いつも思っていましたので、ECCならそれができると確信しました。また、それを実現できる常に時代を先取りした教材、カリキュラム、研修、そして細やかなスタッフのサポート。不安なく続けていける環境が整っています。

Q2「ホームティーチャーになって良かった!」と実感するのはどんな時?

英語大好き、英語が一番得意、という生徒達の声にパワーをもらっています。ALTとの外国語活動でこれができた、こう聞かれて答えられたよ、という報告もホームティーチャーになって良かったと感じる瞬間です。また、大人のクラス(ECCブランチスクール)で学んだ生徒さんが結婚し、そのお子さんが2歳から通っています。自分のお子さんを私に託してくれた事は本当に有難い事と思っています。算数、数学も一緒に学んでいる生徒も多いのですが、自学自習が身に付く事で、他の教科も成績が上がったという保護者からの声も嬉しい限りです。

Q3教室を開設する前不安に感じていたことは?

やはり、生徒募集ですね。一緒に研修を受けた先生方は皆若く、お子さんが小学生という先生が多かったので、まずは自分の子どもとその友達でスタートという感じでしたね。私は大人のクラスで生徒二人からのスタートでした。
1年後、2年後、生徒が生徒を呼ぶという事が分かってきました。レッスンの成果は勿論ですが、毎週楽しみにレッスンに通う姿もお友達やその保護者の興味を引くのだという事も分かりました。また教室サポーターの力も大きいと思います。今年度はサポーターから3名の紹介があり、全員入学となりました。生徒の事で気になる事があったら、保護者との面談もコミュニケーションを図るため、必要に応じてメールではなく10分でも顔を見てお話しするように心掛けています。

Q4ホームティーチャーになってからの変化は?

青森県で活躍中の先生

高校生クラスもありますから、自分自身も英語を学び続けています。後退していられませんからね。10年前より進化していると思います。また、ご縁があって小学校の情緒障害の生徒達のクラスで外国語活動のボランティアをさせていただいています。学年は1年から6年までの複式学級、一人一人の能力は勿論、障害も違います。これはECCのクラスでもあります。同じレベル、同じ学年であっても理解力や定着度はけっして同じではありません。教えるという事の私の新たな学びの場となっています。

ホームティ―チャー説明会予約・資料請求はこちらから

説明会予約
お問い合わせ・資料請求
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-415-144
青森センター

青森市新町2-2-4
青森新町二丁目ビルディング5F
TEL:017-721-6144


以下地域では、ホームティーチャーの先生を大募集しています。

八戸市田向・中居林地区、弘前市城東、 北津軽郡鶴田町、つがる市木造、 十和田市、青森市浜田

その他の地域からのご応募も、心よりお待ちしています。

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 説明会予約
ホームティーチャーの声 ホームティーチャースタイル 診断テスト ホームティーチャー サポート倶楽部 学力養成教室の先生募集中! よくあるご質問